食べるの注意!高血圧の人が避けるべき恐ろしい食品とは

常に血圧が高い人は、塩分と糖分の摂取量に気をつけなければなりません。しかし一般的に、私たちは自身が摂取する塩分の4分の3以上について、どこから摂取したのか分かっていないと言われています。

あなたがよく買うチーズの種類から調味料に至るまで、多くの食品に塩分、糖分、脂質が含まれています。こうした食品について理解することで、余分な摂取を避けることができ、ひいては血圧を下げることができるのです。それでは、高血圧症の人が避けるべき食品についてご紹介しましょう。

チーズを食べる量に気をつけよう(正しいチーズを選ぼう)

A saleswoman reaches for a cheese wheel.
Sponsored Links

高血圧症の人はチーズをまったく口にしない方がいいと信じられていますが、実際にはチーズを食べてもいいのです。ただ、チーズの種類によって摂取しても良い量は異なります。ハート・ヘルス誌によると、チーズの中には海水よりも塩分を多く含むものもあるようです。たとえば、フェタチーズ、ハルーミチーズ、ロックフォール、アメリカンチーズなどがこれに当たります。

飽和脂肪や塩分が少ないチーズを探しているのであれば、モッツァレラチーズやカッテージチーズを選びましょう。低脂肪チーズも忘れないでください。通常のチーズと比べて25%脂質が少ないのに味は変わりません。食べる量さえ気をつけていれば、心配せずにチーズを食べることができます。

Comments